性交渉をしない友達婚

前の記事は薬などを紹介しました。ED対策と影響を考えしてみたら色々男女、性生活の仕方を調べました。今現在流行っている友達婚の紹介とその長所と欠点も説明します。もしEDがなかなか改善できない場合、試してみたらよいかなと思っています。

目次
友達婚とは
友達婚のメリット
 自分のことを理解してくれる人がパートナーになる
 趣味を近づける
 友情が冷めることはない
友達婚のデメリット
 他人から理解されにくい
 子どもたちの問題
 パートナー以外の人との関係

友達婚とは

友情婚とは、恋人同士ではなく、友人同士の結婚のことです。結婚を決意しても恋愛感情がないことが特徴です。

結婚の代わりに「トーク婚」をすることもよくありますが、大きな違いは、もともとパートナーと友人や女友達の関係であることです。

よく「男女の友情は成立しない」と言われますが、友情結婚とは、友情が成立した後の結婚です。友情結婚を選択する男女の多くは、「長い間友人として付き合ってきた人と一緒に暮らしたい」という強い思いがあるからこそ、友情結婚をするのです。

お互いのことをよく知っていることはもちろん、恋愛のように気合を入れて頑張る必要がないので、長く一緒にいてもストレスが少なく、居心地がいいのです。だから、友達婚は理にかなった結婚の仕方なんです。

今後は、「お互いタイプじゃないけど、相性が良さそうだから結婚しよう 」という柔軟な結婚を選ぶカップルが増えそうですね。

友達婚のメリット

友達婚をしたカップルは対等な関係を維持しやすく、幸福度が高いという結果も出ています。ここでは、そんな友情結婚のメリットとは実際にどのようなものなのかを見ていきましょう。

自分のことを理解してくれる人がパートナーになる

友情カップルは、結婚前の交友関係から、すでにお互いの長所と短所を知っています。今までに、いろいろなことを相談したり、愚痴を聞いたりしてきたことでしょう。

結婚しても、友情の延長で飾らない自分を見せることで、結婚生活が長く安定したものになります。

普通の恋愛結婚とは少し違い、長い付き合いの中でお互いを尊重し合い、対等な関係を築いていくので、穏やかな結婚生活につながるのです。

趣味を近づける

長い付き合いで、共通の趣味や好きなものが多い2人だからこそ仲良くなれたとも言えるでしょう。

結婚後も、好きなものにこだわることなく、2人で有意義な時間を過ごすことができます。

まず、性格や価値観が似ている友人と無理に結婚する必要はなく、相手だって不満に思うことは少ないので、いわば天国のようなものです。

友情が冷めることはない

恋に落ちて結婚したカップルが、相手の家の周りの手入れが行き届いていない様子を見て、心が冷めてしまうことはよくあることです。

逆に言えば、もともとお互いに幻想を抱いていない友情結婚では、お互いに冷めることはないでしょう。

さらに、恋愛感情には嫉妬や束縛などのトラブルがつきものですが、友達同士の結婚なら恋愛感情に振り回されることなく、穏やかな結婚生活を送ることができます。

逆に言えば、「家族以外の関係であるべき」と判断することもできるのです。

友達婚のデメリット

友達婚を良いことだと捉える人もいますが、もちろんデメリットもあります。特に、友人との結婚に興味がある方は覚えておくとよいでしょう。

他人から理解されにくい

まだ一般的ではない友情結婚の一面は、家族や友人など周囲の人に理解されにくいということです。結婚は恋愛の始まりと言われているので、友達婚というスタイルに周囲は不安を感じているようです。

特に、ご両親が「孫が欲しい」という強い思いがある場合、その期待に応えられないため、結婚に反対されることもあります。周りの人にed治療薬通販サイトなどを紹介された経験もあるかもしれません。

もちろん、親が相手と長い付き合いをしていて、礼儀をわきまえないケースもあります。

子どもたちの問題

ロマンスのない友情カップルは性交をしない傾向があるので、子供が欲しくて結婚したい人には友人婚は不向きであることは間違いません。

たとえ男女であっても、長い間友人として付き合ってきたカップルですから、当然そのような行動はとらないでしょう。

しかし、どちらかが結婚後に子どもを望む場合、相手との間に子どもを持てるかどうかの壁にもぶつかります。

お互いの子供に対する考えを理解することは、交際中の夫婦はもちろんですが、特に友人が結婚する場合にも同様に重要です。

パートナー以外の人との関係

結婚後も、以前と同じようにお互いに好きな人ができたと報告できるカップルは、友達が結婚するメリットの一つである不倫を自由にすることができ、戸惑うほど直ります。

かけがえのないパートナーや、結婚することに罪悪感を感じることもあるでしょう。

しかし、友情結婚だからこそ、結婚後も自由に交際交渉を続けることができるのです。有言実行、誰よりも互いを知るパートナーシップを築くことが大切です。

コメントを残す